ホームページをレンタルサーバにアップロード -無料レンタルサーバ比較-

このページは、
 ●ホームページを無料で公開したい
 ●多くの方にホームページを見てもらいたい
方のために役立つ情報を公開しています。

1.無料レンタルサーバを選ぶ 2.ホームページを作成する 3.ホームページをサーバにあげる 4.ホームページの宣伝をする


ホームページ(HTMLファイル)をレンタルサーバにアップロードする

ホームページが完成したら、作成したHTMLファイルをレンタルサーバにアップロードします。
レンタルサーバの仕様によって、アップロードの仕方が変わります。

 1.レンタルサーバのファイル転送機能(WebFTP機能)を利用する。
   レンタルサーバによって、HTMLファイルや画像ファイルの送信の方法が異なりますので、
   詳細を各レンタルサーバのページで紹介しております。
 2.FTPソフトを利用する。
   以下にFFFTPの使い方を紹介します。


●FFFTPのインストールと使い方

1.FFFTPをダウンロードする。ffftp-1.92a.exe(Version 1.92a/624,260バイト)
  最新版は、http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/ffftp.html  でご確認下さい。

2.保存したファイルをダブルクリックで実行してインストールする。

3.FFFTPの起動が便利になるよう、ショートカットをデスクトップに作成する。
  FFFTPがインストールされたフォルダを開き、FFFTP.exeを右クリック→送る→デスクトップ(ショートカットを作成)
 FFFTPのショートカットをデスクトップに作る

4.新規ホストを登録する。
  『接続(赤いコンセントマークでも同じ)』を押し、『新規ホスト』ボタンを押す。
新規ホストの登録

5.ホストの設定情報を入力する。
  レンタルサーバより、FTPサーバ名/FTPユーザー名/FTPパスワードのお知らせがありますので、ホストの設定ウィンドウに入力します。

  ・ホストの設定名:何でもいいです。わかりやすいものを入力
  ・ホスト名(アドレス):FTPサーバ名 を入力
  ・ユーザ名:FTPユーザー名 を入力
  ・パスワード/パスフレーズ:FTPパスワード を入力
  し、『最後にアクセスしたフォルダを次回の次期フォルダとする』にチェックを入れ、『OK』を押す。

FTPサーバのホスト情報を設定する

5−2(接続がうまくいかない時)
レンタルサーバが、PASVモード(パッシブモード)の場合があります。『ホストの設定』ウィンドウで、『拡張』タブを選択し、『PASVモードを使う』にチェックを入れましょう。
PASVモードの設定方法

6.レンタルサーバのFTPサーバに接続する。
ホスト一覧で、5で作成した接続先を選択し、『接続』を押す。
FTPサーバに接続する

7.ホームページ作成ソフトで作成したHTMLファイルや画像ファイルを送信する。
FTPサーバに送信するファイルをクリックし、青く反転させて、アップロードボタン(青い上矢印)を押す。
Ctrlキーを押しながらファイルを選択すると、まとめて送信することが出来ます。
ファイルを送信する。切断する。

8.FTPの接続を切る。
上図で、切断(赤いコンセントマークに×印がついたもの)ボタンを押す。


1.スペシャルリンク

2.リンク集

home link1 link2 link3 link4 link5 link6 link7 link8 link9 link10 link11 link12 link13 link14 link15 link16 link17 link18 link19 link20 link21 link22 link23 link24 link25 link26 link27 link28 link29 link30 link31 link32 link33 link34 link35 link36 link37 link38 link39 link40 link41 link42 link43 link44

Ai Computer Service Ltd. All rights reserved.